事業紹介

一般住宅リフォーム工事

一般の住宅を対象に修復・改築などのリフォーム工事を行います。
戸建てのリフォームは建物、敷地含めてご自身の持ち物なので様々なリフォームが比較的自由に可能です。
しかし、リフォームの内容によっては建物の構造や建築基準法・地域条例等の制約を受ける場合もあります。
マンションのリフォームは管理組合の規定やマンション自体の構造でリフォームの制限が異なります。
基本的にリフォームが可能な範囲は所有者の専有部のみで、共用部はできない、もしくは管理組合への申請が必要といった場合があります。

マンション・アパート現状回復工事

現状回復工事は入居者が退去した後の居室を入居前の状態に戻す工事です。
原状回復工事は次の入居者様をお待たせさせないようスピードが求められます。
弊社では、ベテランのスタッフを揃え、オーナー様のご希望に添えるよう低コストでご提案致します。

株式会社テクノプラス|戸建てイメージ画像

リフォーム可能な場所

戸建てのリフォーム

  • 屋根
  • 外壁
  • 玄関ドア
  • 室内クロス
  • 床下
  • 水回り
  • 間取り
  • 増築

葺き替え防水処理などが可能。構造によってトップライト(天窓)や吹き抜けも作れます。

塗装、張り替えなどが可能。張り替えの場合は地域によっては防災規制を確認した方が良い。

交換可能。地域によっては防火規制を確認した方が良い。

張り替え可能。構造によっては耐震補強や断熱材施工ができるので考えている場合は一緒に行う方が良い。

基礎の補強や床下断熱、フローリングの張り替えなどが可能。

(お風呂・キッチン・トイレなど)移動や増設など比較的自由にできます。

基本的に自由度の高いリフォームが可能ですが、構造上取り除くことができない壁や柱もありますので、弊社専門スタッフにご相談ください。

建築基準法に沿ってリフォームすることが可能です。また地域によってそれぞれ規制等もありますので、弊社専門スタッフにご相談ください。

株式会社テクノプラス|マンションイメージ画像

マンションのリフォーム

  • 天井
  • 窓・サッシの交換
  • 玄関ドア
  • 室内
  • 水回り
  • 間取り

天井板を外して構造体の内側までなら天井の高さを上げることも可能です。

窓やサッシはベランダ・バルコニーと同じく共用部に該当しますので自由な取り替え等はできません。窓ガラスの交換、内窓の取り付けは可能です。

玄関ドアも共用部に該当します。そのため、ドア自体の交換はできません。ドアの内側のみ塗り替えたり、クロス張りすることは可能です。

壁や天井のクロス張り替え、塗装等が可能です。また、室内ドアの交換も可能です。

管理規約に沿った材料であればフローリングの張り替えなどが可能です。床暖房を取り付ける場合は各住戸で使えるエネルギー使用量を事前に調べておく必要があります。

(お風呂・キッチン・トイレなど)配水管などが通るパイプスペースは共用部で移設ができないため、パイプスペースの位置と構造によって制限がでてきます。キッチンやバス、便器などの交換は可能です。

マンションの構造によっては外せない壁があり、その場合間取りに制限が発生します。

PAGE TOP