屋根補修工事

屋根補修工事、漆喰工事を行いました。まず高圧洗浄で屋根にこびりついたカビやコケ、藻、汚れ、ほこりを高圧の水流によって洗い落として、塗料の接着をよくします。下塗り、中塗り、上塗りを行い施工完了です。劣化状況によって塗装前にひび補修、差し替えを行う場合もあります。

※漆喰は主に瓦を固定する役割があります。漆喰は強固なものですが、経年劣化で漆喰が劣化しだすととても弱いものになり、指で軽く触れるだけで崩れてしまうような状態まで劣化します。その結果、瓦がずれたり固定されていない瓦同士が干渉して瓦の割れを引き起こします。漆喰が劣化しすぎる前にメンテナンスを行う必要があります。しっかり補修を行うと約15年は大丈夫ですが、定期的にチェックはしておいた方がいいでしょう。

 
 
 
PAGE TOP